グーグルアドセンスで「ads.txtファイルの問題を修正してください」という警告文が出た時の対処法

ある日アドセンスの管理画面にログインすると、

グーグルアドセンス「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の警告画像です。

突然このようなメッセージが目に飛び込んできて驚きました💦 今回はこの警告文が出た時の対処方法をメモします。

ads.txt とは?

アズテキスト、と読みます。
どういった内容のものかと言うと、広告主に対して「この広告枠は偽装したものではありませんよ」と伝える、証明書のようなものになります。

広告枠を偽造して不正なインプレッション等を発生させ、広告主に対して不利益を被らせているものが問題となっており、ads.txtを設置することが推奨でされています。

ただ、現時点ではアドセンスでの必須項目ではないので、設置しないからといっていきなりアカウント停止になったりすることはありません。

そのため、必要以上に不安になることはないのですが、簡単に設置することができますし、広告主にとってメリットのあることであり、延いては自身のサイト(ブログ)のためにもなるので、対処してしまったほうが良いと思います。

ads.txtを設置する方法

ads.txtファイルを作成する

ads.txtファイルを作成する方法の画像1枚目です。

まずはテキストエディタを作成し、以下をコピペでまるっと貼り付けます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アドセンスの公式ヘルプ
https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja


ads.txtファイルを作成する方法の画像2枚目です。

次にアドセンスの管理画面にログインし「アカウント」から「アカウント情報」のページを開きます。
→「サイト運営者ID」が記載されていますので、pub-のあとの数字(※オレンジのラインが引いてある部分)を書き換えます。


ads.txtファイルを作成する方法の画像3枚目です。

IDを書き換えたら「ファイル」→「名前を付けて保存」


ads.txtファイルを作成する方法の画像4枚目です。

ファイル名を「ads.txt」に変更し、文字コードに「UTF-8」が選択されていることを確認したら「保存」をクリックします。


ads.txtファイルを作成する方法の画像5枚目です。

このようなファイルが作成されれば、ads.txtファイル作成は完了です。

ads.txtファイルをサーバー内に設置する

ads.txtファイルをサーバー内に設置する方法の画像です。

FTPソフトを使用します。(私はFFFTPを使っています)

該当ドメイン内の/public_html(エックスサーバーの場合) というフォルダに先ほど作成したads.txtをドラッグ&ドロップでアップロードします。


FTPソフトのより細かい使い方はこちらの記事の「FFFTPをダウンロードする」より先の項目が参考になるかと思います。

サブドメインで別メディアを運営している場合

サブドメインで別のサイト(ブログ)を運営している場合でも、設置はルートドメイン(メインドメイン)下にしておけば基本的には問題ないみたいです。

ただ、ads.txtの内容をルートドメインとサブドメインで変えたい場合には、ルートドメインのads.txtに以下の内容を追記します。
subdomain=サブドメインのアドレス(例:sub.main.com)

そしてサブドメインフォルダ下( /public_htm/サブドメイン)にサブドメイン用に作成したads.txtファイルを設置します。(※subdomain= ~は記述しないでOK)

警告文が表示されなくなるまでの期間

私の場合は「ads.txt」を設置した翌日にアドセンスの管理画面を確認したら、「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」という警告文が表示されなくなっていました。数日かかることもあるようです。

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法

エックスサーバーの場合、ルートドメイン直下のads.txt設置に関しては、作成・設置共にサーバーパネルからも行うことができます。

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像1枚目です。

サーバーパネルにログインすると、ホームページという項目があるので「ads.txt設定」をクリックします。


エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像2枚目です。

ads.txtを設置したいドメインを選択します。


入力には2パターンあります。個人的には「直接編集」が簡単でおすすめです。

パターン1:ads.txt設定追加

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像3枚目です。

「ads.txt設定追加」タブをクリックし、画像の通りに該当箇所を入力し「確認画面へ進む」をクリックします。「サイト運営者ID」のオレンジの部分はアドセンス管理画面で各自確認してください。(→確認方法は上記「ads.txtファイルを作成する」参照)

  • 広告システム:google.com
  • サイト運営者ID:pub-0000000000000000(オレンジ部分は変更してください)
  • 認証機関ID:f08c47fec0942fa0
    コピペでどうぞ♪

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像4枚目です。

確認画面に移動するので「追加する」をクリックします。

パターン2:ads.txt直接編集

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像5枚目です。

「ads.txt直接編集」タブをクリックし、以下をコピペするだけ!
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
※オレンジの部分はアドセンス管理画面で各自確認してください。(→確認方法は上記「ads.txtファイルを作成する」参照)

→オレンジの部分(サイト運営者ID)を変更後「確認画面へ進む」をクリックします。


エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像6枚目です。

確認画面に移動するので「変更する」をクリックします。

ads.txt設置確認

エックスサーバーのサーバーパネルからads.txtを設置する方法の画像7枚目です。

ads.txtを設置すると、「ads.txt設定一覧」タブに設定内容が表示されます。

結論

痒い所に手が届きまくるエックスサーバーすごすぎるっ!(おいwwwww)
いや、正直ね、評判はすこぶるいいけど、私自身はそこまで絶賛されるほどの何かを特別感じてはいなかったのですよ。でも使い込めば使い込むほどすごさがわかってくるというか、年々進化していってる感じです。


この記事をシェアしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://posiactive.com/google-adsense-ads-txt/trackback/

PAGE TOP