WordPressの子テーマを簡単に作れるプラグイン「子テーマメーカー」

WordPressに少し慣れたら、デフォルト機能のカスタマイズ(「外観」→「カスタマイズ」)だけでなく、もっと自分で色々とテーマをいじってみたいな~ってなりますよね。
テーマによっては独自のカスタム機能が備わっている場合もありますが…

そんな時にぶつかる子テーマの壁。

右も左もわからない時は「子テーマっていうのが必要らしいけど、どうしたらいいの・・・」という状態だと思います。少なくとも私はそうでした( ー`дー´)キリッw
テーマによっては予め用意されている場合もありますが…(デジャヴ?w

そもそも子テーマってなんぞや?

親テーマに紐づけられたテーマのことを子テーマといいます。

WordPressをインストールすると上記のように元々インストールされているテーマがありますが、こちらのようなメインとなるテーマを親テーマといいます。

子テーマはこの親テーマに紐づけられているため、子テーマを編集(カスタマイズ)することで、親テーマにその情報を書き出すことができます。

子テーマが必要な理由とは

*カスタマイズ内容を保持するため

親テーマを直接編集(カスタマイズ)してしまうと、テーマが更新(バージョンアップ)された時に、せっかく編集した内容が消えてしまいます。

そんな時、親テーマに紐づけられた子テーマを編集していれば、更新されるのは親テーマのほうなので、編集内容が保持できます。

*カスタマイズ中にやらかしてしまった時のリスクが減る

編集中に誤って消してはいけないコードを消してしまった時など、画面が真っ白になり取り返しがつかなくなる可能性もあります。

そんな時、消してしまったコードが子テーマのものなら、親テーマのほうは無事なので、もう一度子テーマを作り直すことで、修正することもできます。

子テーマの作成方法

プラグインを手に入れる

特に初心者の方が、子テーマをいちから自分で作るのは骨が折れると思うので、プラグインの力を借りてちゃちゃっと作っちゃいましょう!日本の方が作成されたプラグイン、その名も 「子テーマメーカー」です。とてもシンプルで使いやすくおすすめです。

作成者であるゆうそうと様のブログで手に入ります。

プラグインを有効化する

プラグインを有効化する

WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」→「新規追加」
①はプラグインの更新案内を代用しました(笑)

「プラグインのアップロード」→「参照」をクリックして、ダウンロードしたプラグイン「子テーマメーカー」をアップロード→「今すぐインストール」

「プラグインの有効化」をクリックして完了です。

子テーマを作る

今回のメインイベントです!

プラグインを有効化すると、「設定」に「child theme maker」が出現するのでクリックします。

①子テーマメーカーを開いたら、作成したい子テーマの親テーマ名(フォルダ名)を入力します。この時、表示されてるテーマ名と実際のフォルダ名が違ったりしますので、注意してください。今回私は、WordPress公式テーマの「Twenty Nineteen」の子テーマを作成しましたが、実際のフォルダ名は「twentynineteen」でした。

②自動で親テーマの名前が入るので、そのあとに続く子テーマ名を入力します。半角英数字であれば何でも大丈夫です。私はわかりやすく「child」としました。

③すべて入力し終わったら、「子テーマを作成」をクリックします。

「子テーマ「(任意の子テーマ名)」を作成しました」というメッセージが出てきたら完了です。本当にあっという間です。ゆうそうと様に感謝ですね…!

*子テーマがちゃんと作成されているか確認してみよう

このように作成されていたら成功です!

子テーマを編集(カスタマイズ)するには

子テーマを有効化します。子テーマの上にカーソルを持っていくと画像のようなボタンが出現するので、「有効化」をクリックします。

有効化したあと、「外観」→「テーマエディター」と進むと、

このようなメッセージが出てくるので(初回のみ)、「理解しました」をクリックします。

子テーマの編集画面が開きます。ここで、思う存分カスタマイズしてください!スタイルシート(css)に関しては、cssエディターでも編集可能なのですが、幅が狭くてどうにも使いにくいので、私はcssもこちらで編集しています。

ただ、cssエディターの場合レビューを見ながらやれるというメリットがあるので、お好みでどうぞ。functions.php等を編集する場合はこちらを使います。

右上にあるプルダウンで編集するテーマの切り替えができます。(切り替える時はテーマ選択後、「選択」ボタンを押下します)

エディターは有効化しているテーマが表示されるので、基本的に切り替える必要はないのですが、私は親テーマに書かれているものを確認したい時なんかに切り替えて使っています。くれぐれも親テーマを書き換えてしまわないように気を付けてくださいね…!


この記事をシェアしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://posiactive.com/plugin-child-theme/trackback/

PAGE TOP