WordPressの最終更新日を希望する日時に変更する方法

WordPressって投稿日(公開日時)は自分で決められるのですが、最終更新日は修正とかして「公開する」をクリックした時点で自動的に入力されてしまって、大した変更をしてない時でもどんどん更新日が上書きされていってしまうじゃないですか(´・ω・`)

そんな微妙な状況を解決する(=WordPressに更新日時を自分でコントロールできる機能を追加する)、ソースコードを作成して公開されている方がいらっしゃって、実際に使ってみたら非常に便利だったので、メモしておこうと思います。

WordPressに最終更新日を変更する機能を追加する

ソースコードはこちらからお借りしました。ありがたや~
WordPress 記事の更新日時を自由に変更する:改造版

function.phpにソースコードを追加する

上記のブログさまからお借りしたソースコードを「function.php」に貼り付けて、更新するだけ、なんですが。詳しい機能は作成者さまのブログで確認してもらうとして…

私がまだWordPressという存在を知ったばかりのころ、「php?」「貼り付けるってどうやって?」「function.phpってそもそもどこにあるの?」という今より更に酷い状態だったので、機能を追加する工程を載せてみたいと思います。

WordPressのダッシュボードから、「外観」→「テーマエディター」でページを開いたら「テーマのための関数(functions.php)」をクリックします。

コピペしたソースコードを貼り付けて「ファイルを更新」をクリックします。この時一番上(お借りするソースコードの1行目)の<?phpはコピペしないで大丈夫です。

機能追加できたか確認する

「投稿」→「新規追加」で、投稿ページを開いてみましょう。

文書タブの一番下に「更新方法」という項目が追加されていたら完了です。

ユーザービリティ

もう私はこの機能がないとダメな身体なんですけど(笑)、
訪問者側に立ってみても、自分が新しい情報を探し求めている時に更新日時を見て「おっ」となって記事を読んでみたら「あれ・・・古くない・・・?」なんてガッカリすることもあるので、そういった意味でも必要な機能だなって思います。


この記事をシェアしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://posiactive.com/wordpress-last-updated-custom/trackback/

PAGE TOP